SYSTEM制度をしる

人事制度・人材育成制度

社員はプロフェッショナルとして成長にどん欲であること、
会社は社員が成長できる環境を整備すること。

コンサルタント企業にとって、その経営資源は社員一人ひとりです。
そして、「社員一人ひとりが成長することで、集合体である会社も成長できる」と考えています。
人材育成こそが、会社の成長の基盤。
エイテックでは、社員の主体性と会社の支援の両輪で、 人材育成に取り組んでいます。

求める人材ビジョン

・プロフェッショナルとしての自覚をもち、自らを高め続ける人
・チームワークを大事にし、チームの中で自律的に行動できる人

成長モデル

私たちが産み出す成果の価値は、「能力」×「熱意」×「考え方」の積になると考えます。
どんなに能力が高くても、成功させよう、やり遂げようとする熱意がなければ、良い成果には結び付きません。
また、能力も熱意もあるが、正しい考え方に基づいた行動でなければ、社会に評価されることはありません。
わが社では、このような考え方のもと、社員の成長モデルを設定し、各要素を高めるための人材育成メニューを用意しています。

人材育成メニュー

CDP制度(Career Development Program)
将来目指す人物像を明確にし、それを踏まえて「3年後の到達目標」を設定します。さらにそれを「1年毎の年間目標」にブレークダウンします。目標の設定や進捗の確認は上司と相談しながら進め、目標達成に向けて上司はアドバイスを行います。
能力考課制度
毎年1回、上長との面談を通して、「担当する業務における専門力」、「プロジェクトを成功させるためのマネジメント力」、「仕事における態度や業務に取り組む姿勢」の3つの視点から、日常業務で発揮した能力を評価し、昇給や昇進などの処遇に反映しています。
各種研修制度・資格取得支援
入社時の新入社員研修に加え、役職や成長度合いに応じて階層別に用意された社内外の講習会・研修会に参加することで、ビジネススキル、マネジメントスキルを磨くことができます。また、技術士、測量士資格など、建設コンサルタントとして活躍するためのパスポート的な資格取得に関しては、社内勉強会や個別指導を行うとともに、資格取得時の報奨金や毎月支給の資格手当などインセンティブ制度も充実しています。
ジョブローテーション
部署間の異動やグループ会社への出向、海外プロジェクトや研究開発プロジェクトの参加など、多様なキャリア形成のチャンスがあります。また、毎年実施する社員意向調査において職種変更や勤務地の変更などの希望を会社に表明することができます。
メンター制度
新入社員一人ひとりに対して、若手先輩社員を相談相手として配置し、会社における悩み事の相談や仕事の進め方のアドバイスを1on1で行うメンター制度を導入しています。

働き方“開拓”はじめます。

わが社では、会社と社員が協働してよりよい働き方を探求、開拓していく働き方“開拓”を進めています。

多様な働き方の取組

リモートワーク
ワークライフバランスの充実を目的に、時間と場所を柔軟に選択できるリモートワークを実践しています(現時点は幹部職を対象)。
育児・介護関連制度
育児休業、介護休業はもちろん、より社員のライフスタイルに応じた柔軟な働き方を実現するため、「短時間勤務制度」、「時間休制度」を整備しています。

チームワークの醸成にむけた取り組み

服装自由化
顧客対応のない日を対象にカジュアルウェアでの出勤を認め、上司、部下ともにリラックスした環境で働けるようにすることで、コミュニケーションの活性化を図っています。
コミュニケーション費
チームメンバー間のコミュニケーションを活性化させ、チームワークを強化する目的で、チームメンバーが参加する親睦会を年数回開催し、会社がその費用の一部を補助しています。

健康経営の推進

健康増進による仕事のパフォーマンスUP
コンサルタントは座ったままの姿勢、パソコンと向き合う時間が長い職業のため、わが社でも多数の社員が、目の疲れ(70%)、首や肩こり(62%)、腰痛(52%)など身体的痛みを訴えています。
そこで、不健康状態(=プレゼンティーイズム)による仕事のパフォーマンス低下を重要な経営課題と捉え、運動や睡眠、食事面等での改善による社員の健康増進にも取り組んでいます。