業務案内

個別GIS

主に地方自治体において、都市計画、上下水道、固定資産管理など特定業務での利用、効率化を目的として構築されたGISシステムです。WebGISシステムに比べて、比較的低予算で業務効率や行政サービスの向上を実現できるのが特徴的です。

提供サービス

都市計画支援システム

都市計画の窓口照会業務におけるサービス向上を目指して、構築されたシステムです。用途地域、地域地区、都市計画施設などの都市計画決定情報をレイヤとして保持し、来庁者へのスピーディーな窓口サービスを提供します。

詳細はこちらをクリック(パンフレットが開きます)

都市計画支援システム

公園台帳管理システム

自治体が所有する公園台帳図を電子化し、遊具等の安全確保に関わる遊具履歴書、点検記録などを併せてシステム(GIS)上にて一元管理することで、「安心・安全の確保」,「住民サービスの向上」,「業務の効率化」を図ります。

詳細はこちらをクリック(パンフレットが開きます)

公園台帳管理システム

災害時要援護者支援システム

要援護者及び支援者の基本情報を地図データベース化し、地図上で視覚的に表示することで、現状の的確な把握、避難支援プラン作成の効率化、高度化を目指し、災害時要援護者に対する避難体制を総合的に支援するシステムです。

詳細はこちらをクリック(パンフレットが開きます)

災害時要援護者支援システム

上下水道管理システム

暮らしの中のライフラインである上・下水道をシステム化する事により日常業務の効率化、事業の健全運営を実現します。 また多目的にシュミレーションを行う事により災害の防止、緊急時の迅速、的確な対応をする事が出来ます。

詳細はこちらをクリック(パンフレットが開きます)

上下水道管理システム

農地管理システム

農用地の有効利用を促進し活力ある農業を目指すため、農地台帳データと 地番・地籍等のデータを一元管理し、迅速かつ正確に農地情報の処理・分析を行うことを目的としています。

詳細はこちらをクリック(パンフレットが開きます)

農地管理システム

遺跡管理システム

埋蔵文化財に関する各種情報をシステム上で一元的且つ体系的に管理することで、市民への文化財情報の積極的な提供や問い合わせ等に対する迅速な対応が可能になります。データ化された多種多様な資料は瞬時に検索、編集ができます。

詳細はこちらをクリック(パンフレットが開きます)

遺跡管理システム

土木行政支援システム

土木行政運営している中、今まで蓄積してきている各種データ(「道路台帳」、「土地帰属地」、「市道明示」、「法定・法定外公共物」、「境界杭」、「橋梁防災点検箇所」、「バリアフリー調査箇所」等)を地図情報とリンクさせることによって、住民からの問い合わせに迅速に対応できるとともに、土木行政の効率化・高度化を図ることができます。

土木行政支援システム

3次元地形図利活用支援システム

3次元地形図データ及びオルソ画像を活用した地形解析及び評価資料の作成を行うことが可能です。 河川の地形断面解析や傾斜解析を行うことで災害時における危険箇所の把握を用意に行うことが可能です。

3次元地形図利活用支援システム

PAGE TOP