業務案内

道路設計

多様なニーズに対応した"みちづくり

提供サービス

道路計画

道路計画道路は様々な役割や機能を果たします。道路に必要な役割や機能を的確に捉え、整備効果を十分発揮できる道路計画を行います。また、道路利用者の視点、沿道住民の視点、道路事業者の視点などから総合的に道路機能を評価し、『最適な"みちづくり"を提案』します。さらに、地元住民との合意形成や民意を反映するための手法として用いられる、PI(パブリック・インボルブメント)手法や、各種地元説明会などのプレゼンテーションの場において、完成後の道路や周辺環境との調和などをイメージしやすいように、計画した路線を3次元表示し『見せ方』にも配慮します。

道路設計

道路設計計画段階で検討された結果を踏まえ、詳細な設計を行います。計画段階の検討結果にとらわれず、より良い道路構造を提案します。道路の設計は、平面・縦断設計、横断設計、排水設計、横断構造物や道路照明等の附帯構造物設計など、多岐にわたった設計を行う必要があります。各々の設計において、安全性への配慮や沿道環境への配慮などの利用者や沿道住民のニーズ、コストや整備スケジュール(段階施工、工区割、施工期間)などのクライアントのニーズに対応するとともに、詳細にかつ迅速に検討を行い、最適な構造や手法を選定して設計を行います。わたしたちは、最新の工法や施工事例などの情報をいち早く取り入れるとともに、これまで培った豊富な経験や知識で、最適な道路設計を提案します。

PAGE TOP