NEWS

2020.06.23

新型コロナウイルス感染拡大防止としての「在宅勤務に関する実態アンケート調査」を行いました。

株式会社エイテックでは、2018年から社員と会社が協働してよりよい働き方を開拓・模索する「働き方開拓」の一環として、在宅勤務を含むリモートワークを運用してきました。そして、このたびの新型コロナウイルス感染症を受けて、さらなる在宅勤務拡大のための制度設計や基盤整備を進めてきました(表1)。今後も感染拡大防止だけでなく、ワークライフバランス改善の観点から、在宅勤務を定着させていきたいと考えています。そこで、このたびの在宅勤務の実態を把握するために、全社員を対象にアンケート調査を実施しました(実施期間:2020年6月1日~8日、回収数:111人)(表2)。

 

表1:当社における在宅勤務の実績と基盤整備

<新型コロナウイルス感染拡大防止としての対応>

・緊急事態宣言中 :在宅勤務率8割以上を目標(GW中:東京・兵庫オフィスの休所)

・現時点     :出勤率50%を目安に在宅勤務体制を維持

<制度・基盤整備>

・新型コロナウイルス感染拡大防止対策ガイドラインを策定

・光熱費の一部補助

・ノートPC、Wi-Fiルーター、VPN、リモートデスクトップ等の拡充

・全社員へのスマートフォン支給(第2波、第3波への備えとして準備中)

<在宅勤務下での業務マネジメント>

・毎日チームミーティングの開催(ウェブ会議でのFace to Face夕礼)

・毎日勤怠管理システムの入力

 

表2:在宅勤務アンケート調査結果の概要

・   在宅勤務の利用は全社で78%。特に東京オフィス95%、兵庫オフィス90%であった。

・   在宅勤務のメリットは、通勤がなくなったことによる「満員電車によるストレス緩和」、「仕事への集中力の向上」、「睡眠時間の増加」、「家族との時間の増加」が最も多かった。

・   仕事の集中度については、在宅勤務の方が「集中できる」または「オフィスと同程度」との回答があわせて76%あった。一方で、「低くなる」との回答24%のほとんどの要因は「仕事部屋がない。子供がいて集中できない」であった。

・   在宅勤務時に不都合が生じた場面としては、「主務業務(捺印・申請・経費精算・勤怠管理等)」が39%で最も多く、ついで「品質確保・工程管理の難しさ」が30%であった。一方で、「プロジェクトメンバーとのコミュニケーション、就労管理等の業務遂行」で不都合が生じたとの回答は20%にとどまった。また、「対発注者とのやりとり(資料提出・打合せ等)」でも不都合が生じたとの回答は15%であった。

・   自宅の環境整備に対する要望では、「プリンタ等の印刷環境(出力しての図面チェック等のため)」、「デスクトップモニター/デュアルモニターの設置(設計図面作成・数量計算等のため)」、「ファイルアクセス・データ転送速度の改善(3D等のビッグデータを使用するため)」が上位に挙がった。

・   適切な在宅勤務日数としては、「日数は決めず必要な時に出社すればよい」が38%と最も多く、次いで「1週間5日のうち2~3日」が35%であった。「緊急時のみに限定すべき」は10%と低かった。

 

当社では、今後も定期的にモニタリングしながら、より円滑な在宅勤務の運用に努めてまいります。

 

外部HP(在宅勤務に関する実態アンケート調査)_200622

2020.06.01

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する緊急事態宣言解除後の弊社対応のご報告

株式会社エイテックでは、緊急事態宣言の解除後も感染リスク低減のため、5月末まで実施しておりました在宅勤務について、今後は出社率50%を目安に実施していくこととします。

 また、座席の離隔確保など執務室における感染防止策の実施のほか、時差出勤の奨励、不要不急の外出自粛、打合せでのWEB会議システムの使用など、その他の感染防止策も継続的に実施していきます。

 

お客様、取引先の皆様には一部、ご不便、ご迷惑をおかけする場合がありますが、ご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2020.05.29

コロナ禍の就活生を応援。「しまねWEB合説LIVE」に参加しました。

株式会社エイテックは、新型コロナウイルス感染症の影響で、就職活動が思うようにできない学生を応援するため、5月24日に島根県財団主催「しまねWEB合説LIVE!」に参加しました。当日は、建設コンサルタント業界全体の紹介や、会社の事業概要・採用情報等についてプレゼンするとともに、視聴者の学生からの質問に回答しました。

学生からの質問では、ドローンを使った3D計測やBIM/CIM設計などのi-Constructionに関する「新技術」のほか、業界でもめずらしい服装の自由化や健康経営などの「働き方開拓」、資格取得支援や能力考課などの「人材育成制度」について多くの質問がありました。

当日の様子は、リアルタイムで配信されたほか、アーカイブとして「ジョブカフェしまね」のサイト上にて掲載されることとなっています。

我が社では、就活生の時間的・場所的・金銭的制約をなくしたフラットな就活をしてもらうために、2年前よりWEB会社説明会やWEB面接を行ってきました。今年も、新型コロナウイルス感染症の影響ですべての選考プロセスをWEB化し、進めているところです。

今後も引き続き、就活生一人ひとりに寄り添いながら、採用活動を行っていきます。

 

■ジョブカフェしまね(エイテック部分:1:25:20~1:45:32)

https://www.youtube.com/watch?v=Uo7fyXKk1Ao&feature=youtu.be

2020.05.11

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する緊急事態宣言延長に対する弊社対応のご報告

株式会社エイテックでは、緊急事態宣言の延長に伴い各拠点で実施中の在宅勤務および出張の制限を延長することといたします。延長は5月31日までとしますが、各都道府県での感染状況および要請事項等を踏まえ、通常勤務再開の時期を適宜検討いたします。

 

お客様、取引先の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2020.04.28

新型コロナウイルス感染拡大防止に関するゴールデンウィーク期間中の弊社対応のご報告

株式会社エイテックでは、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向け、東京都及び兵庫県の事業所において70~80%を目標に在宅勤務を開始し、現在は100%を目指して取り組んでいるところです。また、4月16日に「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」の対象地域が全国に拡大されたことを踏まえ、島根県及び宮城県の事業所においても、順次在宅勤務に移行しているところです。

こうした中、5月2日から5月10日までのゴールデンウィーク期間中は、東京都及び兵庫県の事業所を休所し、在宅勤務をさらに進めることといたしました。

*)緊急事態宣言が5月6日に解除された場合も5月10日まで休所いたします。

 

 

お客様、取引先の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2020.04.08

新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言を受けた対応について

株式会社エイテックでは、4月7日に発令された新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言を受け、以下の対応を行うこととしました。

実施期間は5月6日までを予定しております。

 

①緊急事態宣言の対象地域内にある事業所は在宅勤務(※)を実施する

②緊急事態宣言の対象地域内に勤務する社員が対象外の地域に出張することを原則禁止する

③緊急事態宣言の対象地域外に勤務する社員が対象地域内に出張することを原則禁止する

(※緊急対応等を行う一部の社員は出社)

 

お客様、取引先の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2020.04.02

新型コロナウイルス感染拡大防止対策に対するご理解のお願い

株式会社エイテックでは、国内における新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、感染拡大防止対策として時差出勤やTV会議の活用等を実施してまいりましたが、3月25日の小池東京都知事の記者会見における要請事項を踏まえ、以下の通り対策を強化することとしました。

対策実施期間は4月12日までを予定しておりますが、今後の感染拡大状況や行政機関からの要請等を踏まえて、適宜判断してまいります。

 

<3月26日に追加した対策>

 ①東京勤務者の在宅勤務(一部、対象外あり)

 ②三つの密(密閉+密集+密接)を避ける行動の徹底

 

<実施中の対策>

①マスク着用、アルコール消毒等の感染予防行動の徹底

②風邪症状など体調不良者の自宅待機

③時差出勤による混雑を避ける行動

④TV会議システムを使用した社内会議の実施

⑤社内研修の中止、外部研修の参加見合わせ

 

 

業務関係者及び弊社社員の健康と安全に配慮した取り組みについて、ご理解のほどお願い申し上げます。

2020.03.18

国土交通省東北地方整備局より、感謝状を贈呈いただきました。

株式会社エイテックでは、令和元年台風第十九号(ハギビス)災害において、宮古中央地区工事監督支援業務に従事していた職員による災害応急対策・応急復旧及び支援活動に対して、令和2年3月16日に、国土交通省東北地方整備局より感謝状を贈呈いただきました。

 

我が社においては、今後も引き続き、国民の安全・安心・快適な社会資本整備に貢献していきます。