NEWS

2021.11.12

「建設技術展2021関東」に出展いたします。

 株式会社エイテックは、2021年11月25日(木)~26日(金)に開催される「見せる、魅せる。匠のWAZA。建設技術展2021関東」に、株式会社オリエンタルコンサルタンツホールディングスの一員として、グループ会社と共同出展いたします。

 

弊社では、ドローン技術のインフラ点検への応用、低コスト化への取組みや、i-Construction、CIMに対応する3次元計測技術について展示いたします。

 パネル展示はもちろん、動画や点検用ドローン等の実機も用意しておりますので、この機会に是非当社ブースにお越し頂けますよう、よろしくお願いいたします。

また、新型コロナウィルス感染症に対する対策は十分に配慮し、安心して当社保有の最新技術に触れて頂けるよう取り組んでまいります。

 

《開催概要》

 名  称 :見せる、魅せる。匠のWAZA。建設技術展2021関東

 主  催 :日刊建設工業新聞社

 開催日時 :2021年11月25日(木)~11月26日(金)

 会  場 :サンシャインシティ3F展示ホールC(東京都豊島区東池袋3-1-4)

       出展分野IT・ICT ブースナンバー「30」

 

出展内容 :

(1)球体ガードと360°カメラを搭載したドローンによる橋梁事前点検

(2)水面フローターと360°カメラを搭載したドローンによる狭小橋梁事前点検

(3)360°カメラを搭載したガードドローンによる橋梁点検

(4)橋梁架替事業BIM/CIMモデル~3D計測からモデリング技術の紹介~

(5)ICT土工支援の現状課題を解決するCIM対応

 

出展グループ企業:

株式会社エイテック

株式会社オリエンタルコンサルタンツ

株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング

株式会社リサーチアンドソリューション

 

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社 エイテック

TEL:03-6311-8151 FAX:03-6311-8155

URL:https://www.kk-atec.jp

本社 事業管理室 藤野

2021.11.05

当社のドローン技術が国土交通省の点検支援技術性能カタログ(令和3年10月版)に掲載されました。

当社では橋梁など各種インフラの点検、現況調査にドローンを活用しております。

それらのうち2種類が、更新された『国土交通省 点検支援技術性能カタログ』(令和3年10月版)に掲載されましたのでご紹介いたします。

 

 詳しくは下記リンクから、国土交通省のホームページをご確認ください。

 

『国土交通省 点検支援性能カタログ』 掲載技術一覧

      https://www.mlit.go.jp/road/sisaku/inspection-support/

 

当社技術の番号

技 術 名

BR010030-V0021

球体ガードと360°カメラを搭載したドローンによる橋梁の点検

※球体ガードはPAUI㈱製を使用

BR010032-V0021

水面フローターと360°カメラを搭載したドローンによる溝橋の点検

 

【球体ドローン:BR010030-V0021】

【水面ドローン: BR010032-V0021】

<本資料に関するお問い合わせ先>

株式会社 エイテック     

TEL:03-6311-8151

 FAX:03-6311-8155

URL:https://www.kk-atec.jp

本社 事業管理室 藤野

 

2021.11.02

【技術紹介】ドローンを活用した水管橋の現況調査

当社では橋梁など各種インフラの点検、現況調査にドローンを活用しております。使用するドローンは360°カメラ搭載のガード・ドローンで水管橋に近接して高解像度の動画撮影が可能です。

また、赤外線カメラに代えることにより、温度変化をサーモグラフィー画像で確認できますので、水管点検にて重要度が高い漏水箇所の把握が行いやすくなります。

詳しくはパンフレットをご覧ください。

2021.11.01

【建設技術展 2021近畿】に出展しました。

株式会社エイテックは、去る2021 年10月27 日(水)~10月28 日(木)の2 日間、「インテックス大阪」(大阪府・大阪市住之江区)で開催された「建設技術展 2021近畿」に出展いたしました。

当建設技術展では、移動経路を一方通行にし、イベント会場の座席数も減らすなどの新型コロナウイルスの感染拡大防止策を行った上で、193の企業・団体が参加し約500の先進技術を紹介しました。

 弊社は、昨年に続き『球体ガードと360°カメラを搭載したドローンによる橋梁点検』や、新たに『ロボットカーを利用したLNGタンク底面コンクリート点検』等の技術を紹介しましたが、大変多くの皆様に関心をもっていただき、2日間で団体や企業の方々約500名に技術説明やパンフレットを配布させていただきました。

 今後もインフラの整備や保全、防災に関する様々な社会ニーズにお応えできるよう技術開発を進めて参ります。

<本資料に関するお問い合わせ先>

株式会社 エイテック 

TEL: 03-6311-8151

FAX:03-6311-8155

URL:https://www.kk-atec.jp

本社 事業管理室 藤野

2021.10.12

【建設技術展2021近畿】当社の最新技術を出展します

令和3年10月27日(水)~28日(木)の2日間で開催される「建設技術展2021近畿」に出展いたします。

パネル展示はもちろん、動画や点検用ドローン等の実機も用意しておりますので、この機会に是非当社ブースにお越し頂けますよう、よろしくお願いいたします。

また、新型コロナウィルス感染症に対する対策は十分に配慮し、安心して当社保有の最新技術に触れて頂けるよう取り組んでまいります。

 

 □名  称:建設技術展2021近畿

 □主  催:日刊建設工業新聞社、一般社団法人近畿建設協会

 □開催日時:2021年10月27日(水)~2021年10月28日(木)

 □会  場:インテックス大阪 4号館 〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102

   

 □出展内容:

       出展募集分野「IT・ICT」(Aゾーン) ブースナンバー「9」

       ドローン技術のインフラ点検への応用、低コスト化への取組みについて展示します。

 

      ◆橋梁狭隘部に活用する360°カメラ搭載ドローン

      ◆橋梁下部工撮影ドローン

      ◆簡易MMSによるMyストリートビュー

      ◆港湾水中地形計測・点検ドローン

 

以 上

 

<本資料に関するお問い合わせ先>

株式会社 エイテック

TEL:03-6311-8151 FAX:03-6311-8155

URL:https://www.kk-atec.jp

本社 事業管理室 藤野

2021.10.08

ランサムウェア攻撃に関するご報告

先般お知らせいたしました2021年8月15日及び同19日に生じたランサムウェアによる攻撃について調査し、確認されました結果および今後の取り組みについて、下記のとおりご報告申し上げます。

関係者の皆様には、ご迷惑とご心配をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

 

 

1.外部専門家による調査と警察への被害届の提出

弊社グループでは、外部のサイバーセキュリティ専門家(以下、「外部専門家」といいます。)の協力を受け、原因究明、被害状況などの調査を進めるとともに、警察に被害届を提出し受理されております。

 

2.調査の結果

弊社グループの情報セキュリティ対策は、一般に必要とされるレベルでありましたが、外部からの不正アクセスにより攻撃されたことが確認されました。また、今回の攻撃により、サーバー内に保管されていた業務関連データの一部が不正に外部送信された可能性は否定できないことが判明いたしました。ただし、具体的にどのデータが不正送信されたかについては確認することができませんでした。

 

3.今後の取り組み

(1)情報漏洩についての調査・監視

現時点では、お客様の業務関連データがインターネット上に公開されるなどの具体的な情報漏洩の事実は確認されておりませんが、今後とも情報漏洩の事実確認のため、外部専門家の助言の下、インターネット上の情報などについて調査・監視を継続してまいります。

(2)現在および今後のセキュリティ対策

現在、弊社の通常業務については、データの復元に努めるとともに、セキュリティ対策の強化を進め安全を確保した上で、業務を継続しているところです。

今後、本調査の結果や外部専門家による助言をもとに、さらに高度なレベルでのセキュリティを実現する体制に向けて再構築を進め再発防止に取り組んでまいります。

 

 

                                                            以上

 

 

 

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社エイテック

TEL:03-6311-8151 FAX:03-6311-8155

URL:https://www. kk-atec.jp/

事業管理室 藤野浩之

2021.08.20

弊社サーバーに対するランサムウェアによる攻撃に関するご報告

 2021年8月15日および19日の2回にわたり、弊社を含む弊社グループの複数のサーバーに対しまして、ランサムウェアによる攻撃がありました。サーバーに保管されていた業務関連データ等の多くが暗号化されており、さらなる被害を防止するため、外部のサイバーセキュリティ専門家(以下「外部専門家」といいます。)の助言に基づき、サーバーをシャットダウンし、アクセスできない状態にしております。

 このような状況に対し、現在、弊社において対策本部を設置し、関係各局へ連絡の上、外部専門家、弁護士、警察等の協力を得て、速やかな復旧に向け調査及び対応を進めているところでございます。今回の攻撃により、サーバー内に保管されていた業務関連データが外部に流出した可能性がありますので、ご報告申し上げます。

 関係先の皆様には、ご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、深くお詫び申しあげます。

 現在、弊社の通常業務については、データの復元に努めるとともに、安全を確保した上で、業務を継続しているところです。

 なお、被害状況、対応策等につきましては、調査が進み次第、適時ご報告申し上げます。

 

 

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社エイテック

TEL:03-6311-8151 FAX:03-6311-8155

URL:https://www. kk-atec.jp/

事業管理室 藤野浩之

2021.08.10

新型コロナウイルス感染者の発生について

この度、弊社CM事業室(東京都渋谷区)で勤務している社員1名が、8月7日に新型コロナウイルスに感染していることが確認されましたのでお知らせいたします。

今後は、保健所の指導を仰ぎ、執務室の消毒、濃厚接触者の特定等、必要な措置を講じて参ります。

弊社では、従業員の安全・健康の確保と事業継続を保てるよう、様々な感染拡大防止対策を講じております。

引き続き、対策を徹底して参りますので、関係者の皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

以 上

 

 

<本資料に関するお問い合わせ先>  

株式会社 エイテック   

TEL:03-6311-8151 FAX:03-6311-8155

 URL:  https://www.kk-atec.jp/contact

事業管理室 藤野         

人事総務室 吉田         

2021.07.28

国土交通省近畿地方整備局長から[優良業務] [優秀建設技術者]の表彰を受賞しました

このたび、国土交通省近畿地方整備局長から[優良業務][優秀建設技術者]の表彰を受賞しました。

対象業務は、豊岡河川国道事務所様より受注いたしましたもので、国道9号及び国道483号(北近畿自動車道)の特定土工構造物定期点検、防災カルテ点検、横断歩道橋定期点検を行ったものです。

品質確保はもとより顧客ニーズを意識した業務管理や技術提案等の取組みを深化させ、業務改善にも継続的に取り組んだこと、さらには緊急要請に対しても、迅速かつきめ細かい対応を行ったことが評価されたと考えております。

 

 □業 務 名:国道9号法面他点検業務

 □発 注 者:近畿地方整備局豊岡河川国道事務所

 □管理技術者:森脇 軌央

今後もさらなる改善を重ねながら、高い品質ときめ細かいサービス提供を努めるとともに、社会貢献に励んでまいります。

                                         以上

 

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社 エイテック

TEL:03-6311-8151 FAX:03-6311-8155

URL:https://www.kk-atec.jp

本社 事業管理室 藤野

2021.07.06

リモートワーク環境下におけるリーダーシップ、マネジメントの在り方を学ぶ コーチ型リーダー育成研修を開催しました。

株式会社エイテックでは、リモートワーク環境下におけるリーダーシップ、マネジメントの在り方、メンバーとの信頼関係構築について学ぶための「コーチ型リーダー育成研修」をオンラインで開催しました。本研修は、コーチングを企業文化として定着させることを目的に、単発研修ではなく、8か月間(2020年10月~2021年6月)のプロコーチ伴走での継続研修として毎月2時間の研修を合計8回、管理職クラス30名に対して実施してきました。

 

リモートワーク環境下での問題意識と研修内容

当社においては、新型コロナウイルス感染防止対策の一環としてリモートワークの運用を続けていますが、研修開始に当たって実施した全社員アンケート調査結果(2020年8月)では、「リモートワークでは上司との意思疎通がうまくできず、思い通り業務が進まない」、「(対面での指導が難しいので)部下には受け身でなく主体的に業務を進めてほしい」といった、業務マネジメント上の上司と部下のコミュニケーションギャップが多く指摘されていました。本研修は、その問題解決の一つとして取り組んできました。

本研修では、「メンバーと信頼関係を構築し、主体性を引き出すことで、チームとしての成果を最大化する」コーチ型リーダーになるためのコーチングスキルを習得したほか、毎月、日常業務活動での実践とプロコーチによるフィードバックを繰り返し行いました。また、毎回の研修は3~4名のグループディスカッションに多くの時間を割き、対話を通して自分自身の思いをアウトプット・内省することで、自分自身の在りたいリーダー像や行動指針を言語化しました。

 

■研修後の参加者の感想

研修後の参加メンバーへのアンケート調査では、「よくあるハウツーでなく、マインドセットに重点を置いた内容で、知識としてより意識の中に染み付いた」、「トップダウン一辺倒のマネジメントに弊害を感じていた中で、ティーチングとコーチングを使い分けることが重要と理解できた」、「他拠点で面識ないメンバーもいて当初は警戒心があったが、回を重ねるごとに心理的安全性が生まれ、本音で議論することができた。仕事の面でもプラスに作用すると思う」などの意見が聞かれました。

 

今後のフォローアップ

今後は、コーチングを活かした1on1ミーティングの実践や、日常での実践度合いや部下の感じ方などに関するアンケート調査の実施、一般職への研修の拡大などのフォローアップをすることで、コーチングを企業文化として定着させることを目指していきます。