i-Construction

建設コンサルタントの役割は、社会インフラの老朽化、労働人口減少等を背景に今後大きく変化します。

国土交通省は建設現場の生産性向上を目的として、ICT技術を全面活用する『i-Construction』を提唱しています。

そのため、自動化・省力化・三次元の空間情報、AIによるICTの活用も建設コンサルタントに求められます。

当社は、航空レーザ測量をはじめとする三次元計測技術にいち早く取り組んできました。

その最新技術と今まで培ってきた現況地形や構造物の計測からデータ解析技術までの実績を生かしながら、

CIMとの融合をはかり、測量調査、設計・施工計画、施工、維持管理まで建設生産プロセス全体のシームレス化をめざしています。

多様な次元計測技術

弊社では、空から地上まで多様な三次元計測技術を用いて、空間情報を取得しています。
空からは航空機を使用した航空レーザ測量やドローン(UAV)を用いた低高度からのレーザ測量により上空から効率的に三次元情報を取得しています。地上では、車両にレーザ機器などを搭載し走行しながらの計測が行える車載写真レーザ測量(MMS)や高精度かつ複雑な形状把握に有効な地上据置型レーザスキャナを用いた測量など、多彩な三次元計測技術を保有し、目的・用途に応じた最適な調査方法の提案を行っています。


調査業務での取り組み

交通事故対策への活用ではドローン(UAV)を用いて上空から交通実態調査を実施した事例もあります。対象道路周辺の安全な地点の上空から映像撮影を行い、調査範囲および周辺道路の車両の挙動を全体的に把握することで、地点ごとの交通状況だけではなく、抜け道の利用状況など面的な交通状況を把握、分析にも活用するなど、さまざまな調査業務への活用に取り組んでいます。また災害時においても状況把握から設計施工に資する測量データとしてUAVレーザ測量を活用しています。災害時の立入困難な箇所や調査作業の大幅な効率化に寄与しています。


計画業務での取り組み

河川整備計画とまちづくり計画を一体的に捉えた都市計画検討の場合では、効果的な三次元計測により現況地形や地物を再現することで、整備計画や景観検討などプロセス全体の最適化を資する3Dモデルを構築しています。またこれらの三次元データや関連データをGIS上に展開し、それをシミュレーション基盤として、さまざまな場面での課題解決への活用にも取り組んでいます。


設計業務での取り組み

国土交通省は計画、調査、設計段階から三次元モデルを導入し、その後の施工、維持管理の各段階においても三次元モデルを連携、発展させることで情報共有を容易にし、建設生産システムの効率化、高度化を図ることを目的として、2017年3月にCIM導入ガイドライン(案)を作成されました。弊社でも、以前より橋梁補修などにおいて3Dスキャナで取得した点群データをベースとして既設橋のモデル再現を行い、新たに取り付ける補強部材の三次元設計データと合成することで、形状、景観、干渉などの確認を行ってきました。CIMをさらに加速させ、設計の可視化や最適化はもとより、全体最適の視点で取り組んでいます。


施工管理業務での取り組み

CIMの導入により、施工対象の可視化によるKY活動や安全対策の向上や品質管理、施工管理の効率化、また三次元計測による出来形情報と設計データとの比較を容易に可視化することで出来形管理や数量算出の効率化など、各施工段階での場面に応じたCIMの活用が行われています。弊社においても施工管理業務に携わり、また出来形計測への三次元計測技術の最大活用を行いながら、i-Constructionの推進に取り組んでいます。


維持管理業務での取り組み

構造物などの調査点検から、劣化診断、設計、施工管理まで幅広く業務を実施しており、調査点検においては最新の計測技術を積極的に活用してインフラの効率的な維持管理を行っています。今後はAI技術との融合を図り、点検診断の効率化、高度化の実現に向けた研究開発をグループの中で取り組んでいます。


最近の主な業務実績

発注者 業務名称 年度
宮城県蔵王町 平成30年度東根1号橋橋梁修繕設計業務委託 平成30年度
中日本高速道路株式会社 中央自動車道 相模湖付近渋滞対策地形測量 平成29年度
合同会社みちのく小水力 田麦川砂防堰堤を活用した小水力発電に関する詳細設計業務 平成29年度
国土交通省 東北地方整備局 鳥海ダム工事事務所 鳥海ダム百宅線ほか道路予備設計業務 平成28年度
宮城県塩釜市 籬島実測図など作成業務 平成28年度
公益財団法人岩手県土木技術振興協会 災害復旧測量設計その10業務委託 平成28年度
公益財団法人岩手県土木技術振興協会 道路災害復旧測量調査設計(その16)業務委託 平成28年度
東日本高速道路株式会社 東北支社 東北自動車道 福島管内休憩施設現況測量 平成28年度